ホームシアター スクリーンを選びかた。

【ホームシアター】 スクリーンを選びかた。

 

地デジ・アニメ・映画は 16:9(ワイド)です。

 

高さは視聴する目の高さ位が一番楽でしょう

 

またスクリーンの下にテレビ台のようにスピーカー、ブルーレイ
再生機などを設置したりする台なども考えておきましょう。

 

インチサイズと視聴距離おおよそ

80インチ=視聴距離 200〜240 cm
90インチ=視聴距離 250〜270 cm
100インチ=視聴距離 280〜300 cm
110インチ=視聴距離 310〜330 cm
120インチ=視聴距離 340〜360 cm
130インチ=視聴距離 370〜390 cm

 

インチと大きさ

80インチ=幅 1771 高さ 996
90インチ=幅 1992 高さ 1121
100インチ=幅 2214 高さ 1245
110インチ=幅 2435 高さ 1370
120インチ=幅 2657 高さ 1494
130インチ=幅 2878 高さ 1619

 

 

ホームシアターのスクリーンを選ぶときに気を付けたいのが

何度もスクリーンの位置を変えない事です。

 

@ 電動式やリモコン式の高価なスクリーンは一度設置をすると
  移動させるのに大変手間や時間がかかります。
  壁掛け式スクリーンなどもシワがついたり、きちんと
  たるまないように設置したり大変です。

 

 

A プロジェクターの設置場所にこだわらない。
  生活空間に支障がない場合はプロジェクターを移動できれば
  お好みのスクリーンで良いでしょう。

 

  ※白い凹凸の少ない壁紙ならスクリーンを使用しなくても問題
  ないでしょう。

 

 

B プロジェクターの設置場所を固定する場合
  生活空間に支障がでる場合や本格的にホームシアターにする
  場合などプロジェクターを天吊りにする場合や決まった場所に
  プロジェクターを設置する場合は
  手軽に視聴でき本格的ホームシアターが楽しめますが
  そのぶんプロジェクターの位置とスクリーンの位置を慎重に
  決めなければいけません。

 

 

プロジェクターとスクリーンの設置位置の例

 

madori

 

このような間取りの場合、生活空間に支障がでないよう
プロジェクターは天吊り型が適しています。

 

page top